新商店街概要

南三陸さんさん商店街

さんさん商店街「サンサンと輝く太陽のように、笑顔とパワーに満ちた南三陸の商店街にしたい」というコンセプトのもと、2012年2月に仮設商店街としてオープンしたさんさん商店街ですが、震災より5年経過し、ようやく2017年3月に本設オープン予定の運びとなります。

さんさん商店街延床面積約3,000㎡に屏風状のファサードが施される木造6棟が並び、中央にはフードコートやイベントなどの開催が可能な多目的スペースの「さんさんコート」を有し、仮設商店街の雰囲気を残した作りになる予定です。

さんさん商店街テナントは飲食8軒、生活関連7軒、鮮魚店5軒、菓子3軒、理美容2軒、葬祭関連1軒、コンビニ1軒、産直施設1軒、計28店舗が出店します。

南三陸ハマーレ歌津(新名称)

南三陸ハマーレ歌津(新名称)2011年12月に仮設商店街としてオープンした伊里前福幸商店街ですが、仮設営業していた場所の嵩上げ工事に伴い、仮設からさらに仮設に移転することになり、本設のオープンを待つこととなりました。延床面積約780㎡に木造平屋建て2棟にテナントが並び、正面には多岐にわたるイベントの開催が可能なフリースペースを設けています。

伊里前福幸商店街今回新たな名称を公募し、「南三陸ハマーレ歌津」という名前でオープン。テナントは飲食2軒、生活関連5軒、鮮魚店1軒、計8店舗が出店します。